• 銀座院スタッフ

自己処理のメリット・デメリット


ムダ毛が気になった時、最初に試してみる方法としてカミソリや毛抜きを使った自己処理をおこなう方が多いでしょう。

そこで、本記事ではムダ毛を自己処理する際のメリット・デメリットについて紹介して

いきます。

ぜひ、参考にしてみてください。



自己処理のメリット


ムダ毛を自己処理する際の方法は、カミソリ・電気シェーバー・毛抜き・脱毛ワックス

・除毛クリームなどが挙げられます。

このような方法で自己処理をするメリットは大きく分けて3つあります。


・手軽に手に入る

・安価で行える

・自身の好きなタイミングでできる


以下に解説していきます。


・手軽に手に入る

自己処理に必要な道具は、誰でも手軽に手に入ることが最大の魅力です。

近所のドラッグストアやバラエティーショップに行けば豊富な品揃えの中から好きな商品を選び試すことが出来ます。

カミソリや毛抜きは、コンビニエンスストアや100円ショップでも手に入れることが

可能です。

欲しい時に手に入るのは、大きなメリットと言えるでしょう。


・安価で行える

自己処理に必要な道具は、数百円〜数千円と安価に手に入る物が多いです。

ムダ毛処理の際、自己処理と比較されやすい医療脱毛は、費用が数万円〜と高額で

まとまったお金が必要となります。

自己処理の場合は、大きなお金を用意しなくてもすぐにムダ毛を処理が出来る点が

メリットです。

しかし、一生で消費するカミソリやシェーバーの数を考えると相当な金額になるため、

日割り計算した時のコスパでは医療永久脱毛に軍配が上がることも。


・自身の好きなタイミングでできる

自己処理は、自身の好きなタイミングでムダ毛を処理することが可能です。

家事の合間やテレビを観ながらの隙間時間に行ったり、部分的にムダ毛が気になった

場合でもすぐ処理することが出来ます。

ただし、週に2回、10分の自己処理だとしても1年で見ると16時間ほどかけている

計算に、、



自己処理のデメリット


自己処理は手軽に出来たりとメリットがありますが、デメリットも存在します。


・肌トラブルを起こしたり傷つける可能性がある

ムダ毛を自己処理する場合、間違った方法で行うと肌に大きな負担が掛かります。

間違った自己処理を続けると、赤み・かゆみなどの炎症を起こしたり、埋もれ毛、毛嚢炎、刺激による色素沈着などの肌トラブルが起こりうるのです。

自己処理をする場合、正しい使用法を守り、しっかりと保湿するなどアフターケアも

行いましょう。


・剃り残しによるムラがでやすい

自身で自己処理をする場合、手が届きにくい・目視しにくい部位は、剃り残しが

起こりやすいです。

しっかりと処理したつもりでも目視しにくい背中やデリケードゾーン、関節があり

剃りにくいひじやヒザは剃り残しが起こりやすくムラがでる可能性があるので審美的には

よくないと言えます。



まとめ


本記事では、自己処理のメリット・デメリットについて紹介しました。

自己処理は、誰でも手軽にできるポピュラーな方法で親しまれています。

しかし、誤った方法で行うと肌トラブルの原因になったりとリスクもあるので正しい

処理方法で行うようにしましょう。

また、10年単位で見た金額や時間のコスパでは、永久脱毛である医療脱毛の方が

良いパターンも大いにあるので、医療脱毛でツルツル美肌を手に入れる選択肢も考慮

していきましょう。