• 銀座院スタッフ

脱毛前日までの準備


クリニック・サロンで脱毛の契約して、施術日が近付くと

「脱毛の前日までに必要な準備って何があるのか?」と、疑問に思う方も多いと思います。


脱毛の施術を受ける際には、いくつか守るべき決まりがあり、しっかり行わないと肌トラブルの原因になったり、施術自体が断られる可能性もあるので注意が必要です。


今回は、脱毛の前日までに準備すること、気も付けることを紹介します。

ぜひ、参考にして脱毛の効果をより実感してください。



ムダ毛処理をする


レーザー・光脱毛の施術を受ける際には、施術日の1〜2日前に、ムダ毛処理する必要があります。

ムダ毛処理しないと、火傷や肌トラブル、脱毛の効果が充分に得られないなど支障が出るので、場合によっては、施術を断られることもあるのです。


脱毛マシンのレーザーや光は黒い毛(メラニン色素)に反応します。

脱毛は黒い毛に反応して、発生した熱エネルギーにより毛根が破壊され、効果が得られるのです。

しかし、ムダ毛が残った状態で施術すると、毛の先端部分にまで熱エネルギーが分散されてしまうので、脱毛の充分な効果が得られない・毛の持った熱により火傷、肌トラブルを起こす危険があります。

そのため、脱毛の施術日の前日までにムダ毛処理する必要があるのです。


ムダ毛の処理方法は、肌への負担が最も少ない電気シェーバーでの処理をおすすめします。

カミソリ・除毛クリームは皮膚の角質を必要以上に落としてしまい肌への負担が大きいのでおすすめの方法とは言えません。

また、毛抜き・脱毛ワックスは、毛の毛根ごと抜いてしまうので、毛の黒い部分が無くなり、脱毛効果が得られなくなるので、脱毛期間中は使用しないようにしましょう。


当院では、脱毛部位に剃り残しがあった場合、剃毛料無料で処理いたします。

手の届きにくい・目視しにくい部分は、無理に行い肌が傷付いてしまうと、施術出来ない場合もありますので、無理のない出来る範囲で自己処理しましょう。



日頃から保湿ケアをしっかりと行う


脱毛後の肌は、熱を持っていて水分が奪われるため、乾燥しやすい状態なのが一般的です。

肌が日常的に乾燥していると、脱毛後に更に肌の乾燥が進み、肌トラブルが起こる可能性が高くなります。


日頃から保湿ケアを行なっておけば、肌が潤った状態をキープ出来るので脱毛後の肌トラブルを回避することが出来るでしょう。

また、乾燥がひどい場合は、肌トラブルが起こる危険性があること・脱毛の効果が充分に得られないなど理由から施術を断られることもあります。



脱毛の前日までに気を付けることは?


脱毛の施術を受けるに当たって、数日前〜前日までに気を付けることがあります。

場合によっては、施術を断られる可能性もあるのでよく理解しておきましょう。


・日焼け

日焼けは、肌が大きなダメージを受けている状態です。

肌は熱を持ち乾燥し、とても敏感な状態になっています。

この状態で脱毛すると、更に肌がダメージを受け、肌トラブルの原因になる可能性が高くなるでしょう。

また、肌が黒すぎると脱毛マシンのレーザー・光が毛に反応しにくくなり充分な脱毛効果を得ることが出来ない場合があります。そのため、脱毛期間中の日焼けは避けるようにお願いするクリニック・サロンが多いです。

その点、当院の最新医療脱毛マシンは日焼け肌への対応も可能ですのでご安心ください。


・脱毛前の飲酒

飲酒すると、全身の血流がよくなり体温が上昇します。

体温が上がった状態で、脱毛による熱エネルギーが当たると肌に必要以上の刺激が加わり、肌トラブルの原因になる可能性があります。

そのため、アルコールがしっかりと分解される保証のない前日の飲酒は避けましょう。


・予防接種

予防接種の接種後は肌が敏感な状態になっているので、脱毛後に肌トラブルや接種した部分に赤みや腫れが出る可能性があります。

また、脱毛の刺激により予防接種の副反応が出たり、体調不良の原因になる危険性もあるので、予防接種を受ける直前直後は脱毛の施術は避けるようにしましょう。



まとめ


脱毛の施術を受ける場合「前日までに準備すること・気を付けることは何か?」分からない方が多いと思います。


本記事では、脱毛の前日までに準備すること・気を付けることを紹介しました。

ぜひ、参考にして脱毛の効果を充分に得ましょう。