• 銀座院スタッフ

脱毛マシンの種類


医療脱毛のレーザーは、照射方法で「熱破壊式」と「蓄熱式」の2種類に分類されます。

それぞれのレーザーに特徴があり、自身の肌質・肌の色や毛質に合ったレーザーを選ぶことで、より効果的に脱毛を進めることが期待できるでしょう。

今回は、医療用脱毛レーザーの「熱破壊式」と「蓄熱式」の特徴をメリット・デメリットとあわせて紹介します。



熱破壊式


熱破壊式は、高い出力のレーザーを1発ずつ肌に照射する脱毛方法です。

強いパワーで毛根部に熱エネルギーを浸透させ破壊します。毛根において毛を生成する 毛乳頭・毛母細胞や、発毛を促す働きをもつバルジ領域を破壊することができます。


熱破壊式のメリット・デメリットは以下の通りです。


熱破壊式のメリット

【濃い毛・密度の高い毛で実感を得やすい】

メラニン色素に反応する強いパワーのレーザーを用いているので、濃い毛・太い毛や剛毛に対して高い効果を発揮できます。

濃い毛・太い毛が密集するヒゲ・デリケートゾーンなどは、脱毛効果を実感しやすいで しょう。


【効果がわかりやすい】

熱破壊式は毛乳頭・毛母細胞を破壊するので、施術後比較的早い段階で毛が自然に

抜け落ちます。


熱破壊式のデメリット

【照射もれが発生しやすい】

熱破壊式では広い範囲を一発ずつ照射していくため、どうしても照射もれが生じやすいと

いうデメリットがあります。

メラニン色素に反応するので、毛のメラニンが薄い毛や産毛に対しては効果が出にくく

なります。


【副作用リスクがやや高い】

1発ずつ強いパワーで照射する必要があることから、肌ダメージが加わりやすいという

デメリットがあります。

蓄熱式に比べて、肌トラブルのリスクがやや高くなることはデメリットといえます。


【施術中に痛みが出やすい】

パワーが強いレーザーを使っているので、蓄熱式と比較すると痛みが出やすいと言えます。

特に痛みが出やすいデリケートゾーンや脇は、輪ゴムで強く弾かれたような痛みを感じる方が多いです。



蓄熱式


蓄熱式は、低出力のレーザーを肌に連続照射することで、毛根に熱をためこむ照射方法

です。

熱破壊式と同じく、毛根において毛を生成する毛乳頭・毛母細胞や、発毛を促す働きをもつバルジ領域を破壊することができます。

最新の論文で、熱破壊式と同様の効果を得られることが証明されています。


蓄熱式のメリット・デメリットは以下の通りです。


蓄熱式のメリット

【痛みが少ない】

蓄熱式は、施術中の痛みが少なく、肌に優しいのが特徴です。

施術中は、じんわりと熱を感じる程度の感覚で、部位にもよりますがほとんどエステ脱毛と変わらない痛みで施術可能です。

熱破壊式と比較すると施術中の痛みが少ないため、よりストレスなく施術が受けられると

言えます。


【照射漏れのリスクが少ない】

全体に満遍なく当てていく照射方式なので、照射漏れのリスクが少ないことも特徴的です。


【肌トラブルが少ない】

蓄熱式は、レーザーを連続照射して熱を肌の内部にため込みダメージを与える仕組み

なので、熱破壊式に比べ肌トラブルのリスクが低いと言われています。

より安全に効果を発揮できるので、敏感肌の方にもおすすめとなります。


蓄熱式のデメリット

【即効性がない】

蓄熱式では、1発で大きなパワーを照射する熱破壊式に比べると、施術後に毛が抜けてくるまでの期間がやや長くかかります。

最終的な脱毛の効果は熱破壊式と変わりませんが、毛が抜け落ちるタイミングまで2週間前かかるので、直後には効果がないと勘違いする方も少なくないでしょう。



まとめ


今回は、医療脱毛のレーザーの照射方法の種類について紹介しました。

それぞれの照射方法にメリットデメリットがあるので、肌の状態であったり部位によって

使い分けることが重要です。

当院では、熱破壊式・蓄熱式の両方を取り扱っており、患者さんに合った方法で施術を

提供しています。

一回の全身施術の中でも部位によって照射方法を使い分けてオーダーメイドの施術を

・行いますのでご安心ください。

無料カウンセリングを行なっておりますので、ご興味のある方はぜひ1度ご相談ください。