• 銀座院スタッフ

妊活脱毛って何?


妊活脱毛という言葉を知っていますか?

妊活脱毛は、妊娠から出産後のことを考えてアンダーヘアを脱毛することです。

昨今、妊娠を希望する方や若い女性に注目されていて施術する人が増えています。

今回は、妊活脱毛のメリット、注意点について紹介します。

ぜひ、参考にしてください。



妊活脱毛のメリット


妊活脱毛とは、妊娠から出産に向けてアンダーヘアを脱毛することです。

妊娠をすると、妊婦健診の際に陰部を見られる機会が増えます。

また、出産時の会陰切開、産後の悪露など産後は不快な症状が続くので、少しでも快適に

過ごせるように、デリケートゾーンの脱毛を考える方が増えているのが現状です。

では、妊活脱毛のメリットを順に解説していきます。


・会陰切開の傷口からの感染症を防ぐ

会陰切開とは、分娩の際に会陰が裂けてしまうのを防ぐために前もって会陰を切開することを言います。

出産後に傷口を縫合しますが、完治まで1か月ほど掛かるのが一般的です。

その間、感染症を防ぐために傷口の周りを清潔に保つことが必要となります。

妊活脱毛をしていると傷口に毛が絡みついたり、蒸れによる雑菌の繁殖を防ぐことが

出来るので、傷口からの感染や肌トラブルを回避することが期待できると言えるでしょう。


・妊娠中〜産後のデリケートゾーンの臭いや蒸れの軽減

アンダーヘアがあると蒸れやすく、排泄物の取り残しがあると、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

このような状況は、肌トラブルや臭いの原因になり衛生的に良くありません。

妊娠中はお腹が大きくなり排泄物を拭き取りにくくなり衛生的に保つには、時間や手間が

掛かります。

また、産後は胎盤・子宮内膜の混ざった分泌物や血液を排出する悪露(おろ)があるので

1ヶ月ほど生理のような出血が続くのが一般的です。

妊娠中〜産後は特にデリケートゾーンを清潔に保つ必要がありますが、蒸れやすく炎症を

起こしやすい環境が続きます。

妊活脱毛をしているとアンダーヘアが無くなるので、蒸れにくいので衛生的です。

また、排泄後の拭き取りをスムーズに行うことが可能となるので、臭いの軽減や肌トラブルの回避が期待できます。


・恥ずかしさの軽減

アンダーヘアの毛量が多くコンプレックスを感じている場合、妊娠すると検診や出産で

デリケートゾーンを見られる機会が増えるため、受診するたびにストレスを感じる方も

いるでしょう。

前もって妊活脱毛を行なっておくと、コンプレックスが解消されストレスを感じることなく受診できるメリットがあります。



妊活脱毛の注意点


メリットの多い妊活脱毛ですが注意点もあります。

注意点を知らずに始めて後になり後悔しないように理解した上で施術を受けましょう。


・脱毛をすると元の状態に戻らない

レーザー脱毛を行うと、自己処理とは異なり毛が元の状態に戻ることがありません。

脱毛を始める前にハイジニーナにするのか、Vラインを残す場合のデザインなどよく

考えた上で施術を受けるようにしましょう。


・施術中に痛みが出やすい

デリケートゾーンは他の部位に比べて皮膚が薄く敏感な部位になります。

また、アンダーヘアは毛が太くて濃いため脱毛機のレーザーがよく反応するので、他の部分に比べて施術中の痛みが出やすいのが特徴です。

痛みが強い場合、施術者に相談すると出力を調整したり、麻酔を行うなど対処してくれる

ので我慢せずに相談しましょう。



まとめ


今回、妊娠を希望している方や若い女性に注目されている妊活脱毛について紹介しました。

妊活脱毛は、注意点を理解した上で行えばメリットが大きい方法と言えるでしょう。

妊活脱毛の施術を検討している方は1度ご相談にお越し下さい。