• 銀座院スタッフ

医療脱毛orエステ脱毛


「脱毛をやろう!」と思い立った時、どこでやろうか迷う方が多いのではないでしょうか?

脱毛には大きく分けて「医療脱毛」と「エステ脱毛」があります。

医療脱毛とエステ脱毛があるのは知っているけれど、違いや効果について詳しく知っている方は少ないと思います。

そこで今回は「医療脱毛」と「エステ脱毛」の違いについて紹介したいと思います。



医療脱毛とエステ脱毛の違い


医療脱毛とエステ脱毛の違いとして挙げられるのは、脱毛効果・施術者・期間・費用の違いです。


以下にそれぞれの違いについて解説します。


脱毛効果

脱毛の施術を受ける場合、注目するのは「脱毛の効果」ではないでしょうか?

医療脱毛とエステ脱毛の脱毛効果には、どのような違いがあるのか紹介していきます。


・医療脱毛

医療脱毛とは、医師が常駐している医療機関でのみ施術をすることが許されていて

「永久脱毛」とも言われます。

医療用のレーザーを用いて施術を行うので、毛根の細胞自体を破壊し、永久的に持続する

高い脱毛効果が特徴と言えるでしょう。

また、エステ脱毛と比較するとパワーが強いので、毛が太い部分や皮膚が薄いデリケートな部分は、施術中に痛みを感じるケースがあります。しかし、当院で導入している最新の

マシンではエステ脱毛とあまり変わらない痛みで施術を受けることができます。

さらに、医療機関であるため必要に応じて麻酔を使用できることも大きなメリットです。


・エステ脱毛

エステ脱毛とは、脱毛サロン・エステサロンで受ける脱毛です。

医療脱毛と比較するとパワーの弱い光脱毛機を使用して施術を行います。

そのため、毛根の細胞自体を破壊することは難しく、ダメージを与えて毛の発育を制毛・

抑毛する施術となります。毛根の細胞を破壊する行為は医療行為に該当してしまうため、

医療機関ではないサロンでは永久脱毛は行えません。

毛根の細胞自体を破壊していないので、年月の経過とともに、毛が再び生えてくるリスクがあることを覚えておきましょう。

施術中の痛みに関しては、医療脱毛と比較すると光脱毛機のパワーが弱いので痛みは

感じにくいと言われています。


施術者

医療脱毛とエステ脱毛では施術する施術者が異なります。

医療脱毛は、医療用のレーザー脱毛機を使用した医療行為となります。

そのため、有資格者である「医師・看護師」が施術を担当します。

エステ脱毛は、医療機関ではないので資格の有無は関係ありません。

特に資格を必要としない「エステティシャン」が施術を行います。

また、医療脱毛は医師が常駐しているので、施術中・施術後に万が一、肌トラブルが起きた場合すぐに対応できる体制が整っています。しかし、エステ脱毛は医療機関ではないので、肌トラブルが起きた際には、自身で医療機関への受診が必要です。


当院でも、もちろん有資格者である医師・看護師が責任を持って施術させていただきます。

万が一、施術中・施術後に肌トラブルが起きた場合、常駐ドクターがすぐに対応できる環境になっているので安心して施術を受けることが可能です。

また、お薬の処方が必要であれば無料で処方させていただきます。


期間

脱毛は個人差や部位によっても効果が異なるので、明確に何回で毛がなくなるとは

断言できません。

あくまでも目安ですが、医療脱毛は1年ほどの期間をかけて5〜10回の施術で一定の効果を感じることが期待できます。

一方、エステ脱毛で同様の効果を実感するには、2〜3年ほど15〜20回以上の施術で一定の効果を実感することが期待できるでしょう。

毛深い方や産毛を脱毛したい方・早く脱毛を終わらせたい方は、医療脱毛の施術を受けた方が効果を早く実感することができます。


費用

医療脱毛の方が1回あたりの施術費用は高いです。

ただし、医療脱毛はエステ脱毛と比較して、脱毛回数が少なくても効果を得ることが可能

なので、結果として同じくらいの費用になる場合が多いと言えます。

脱毛完了までの回数が増えれば、医療脱毛の方が安く収まる場合もあるでしょう。

当院では、エステ脱毛と変わらない価格帯で最新の医療脱毛を提供しております。



まとめ


今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて紹介しました。

「医療脱毛」と「エステ脱毛」それぞれに特徴があります。

当院ではカウンセリングを無料で行っておりますので、脱毛に興味のある方はお気軽に

ご相談ください。