• 銀座院スタッフ

ムダ毛処理のNG行為


多い方だと毎日行うムダ毛処理。人それぞれで方法も頻度も違います。

さまざまな方法がありますが、間違ったやり方をしていると肌トラブルの原因に

なりかねません。

そこで本記事では、ムダ毛処理のNG行為を紹介していきます。

ぜひ、参考にしていただき、ご自身のムダ毛処理の方法を見直してみてください。



ムダ毛処理のNG行為とは?


ムダ毛処理の方法は大きく分けて3種類に分けられます。


①毛抜き・脱毛ワックスなどで抜く

②カミソリ・電気シェーバーで剃る

③除毛クリームで処理


それぞれの方法に、肌トラブルを起こすNG行為があるので、気を付けてムダ毛処理をする必要があります。

以下にそれぞれのNG行為を紹介していきます。


①毛抜き・脱毛ワックスなどで抜く場合のNG行為

毛抜き・脱毛ワックスは3種類のムダ毛処理の方法の中で、1番肌への負担が大きい

方法です。

毛を根本から処理するので、次の毛が生えてくるまでの期間が長く、毛抜き・脱毛ワックスでのムダ毛処理を選択している方も多いかと思います。

しかし、毛抜きはムダ毛を処理する際、皮膚も一緒に引っ張ってしまい毛穴や肌に大きな

ダメージを与えてしまい肌トラブルが起きやすい処理方法です。

毛抜きでのムダ毛処理を続けると、毛穴が詰まり炎症を起こす毛嚢炎(もうのうえん)や、埋もれ毛・毛穴への刺激による色素沈着による黒ずみなどの肌トラブルを起こす可能性が

あるので注意が必要です。

また脱毛期間中に、毛抜き・脱毛ワックスでムダ毛処理をすると、毛根ごと処理をするので脱毛レーザーが毛に反応せず脱毛効果を得ることが難しくなります。


②カミソリ・電気シェーバーで剃る場合のNG行為

カミソリ・電気シェーバーなどを使用して剃るムダ毛処理は、手軽に行えるので最も

行っている人が多いムダ毛処理の方法と言えるでしょう。

しかし、剃り方によっては皮膚の角質も一緒に取り除いてしまうので肌への負担が

かかりやすく、間違った方法で行うと肌トラブルの原因になります。

そのため、カミソリ・電気シェーバーでのムダ毛処理の際には、なるべく角質を

取り除かないようにすることがポイントです。


・カミソリ・電気シェーバーを強く押しつけて何度も同じ部位を剃る

・肌が乾いた状態で剃る

・毛の流れに逆らって剃る

・処理後に保湿をしない

・切れ味の悪いカミソリを使用する


以上のような方法で行うと肌に負担が掛かり、乾燥して敏感な状態になるので、炎症や刺激による色素沈着の原因になります。

剃る際には、シェービングクリームなどで肌を保護し毛流れに沿ってカミソリを動かす

こと、処理後はしっかりと保湿して肌を乾燥から守るようにしましょう。


③除毛クリームを塗って処理する場合のNG行為

除毛クリームは、薬剤がタンパク質を溶かす作用を利用し、毛を溶かして処理する

方法です。

使い方を誤ると肌トラブルの原因になるので注意が必要な処理方法と言えます。

以下のような使用方法は避けましょう。


・パッチテストを行わないで使用する

・顔・デリケートゾーンに使用する


除毛クリームは薬剤を使用しているので、薬剤が肌に合わなかった場合、赤みや

かゆみ・腫れなどの肌トラブルを起こす可能性があります。

そのため、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

また、顔・デリケートゾーンは皮膚が薄く刺激に対して敏感な部位なので使用を控える必要があります。



まとめ


今回、家庭で行うムダ毛処理のNG行為について紹介しました。

ムダ毛処理は、エチケットとして必要なことですが、誤った方法で処理を続けると

肌トラブルの原因となってしまいます。

ただし、適切な方法でムダ毛処理を行っていても、長年続けていくと色素沈着などは

免れません。

医療脱毛でムダ毛処理の必要をなくし、肌トラブルのリスクを減らすこともおすすめです。