• 銀座院スタッフ

ハイジニーナ(ハイジーナ)とは?


ハイジニーナ(ハイジーナ)という言葉をご存知でしょうか?

なんとなく聞いたことはあるけれど、どのようなものなのか詳しく知らない方が

多いと思います。

そこで今回、ハイジニーナやハイジニーナ脱毛について、メリット・デメリットと合わせて紹介していきます。

ぜひ、参考にしてハイジニーナ脱毛の理解を深めてください。



ハイジニーナ脱毛とは?


ハイジニーナ脱毛とは、デリケートゾーンのムダ毛をすべて脱毛し無毛の状態にすることを指します。 デリケートゾーンを脱毛する際によく耳にするVIO脱毛との違いは、脱毛する範囲です。 ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーン全体を脱毛するのに対して、VIO脱毛は、デリケートゾーンの毛を好きなデザインに整えながら脱毛していきます。 クリニック・サロンによって施術名が異なりますが、ハイジニーナ脱毛となっていてもVラインだけデザインを決めて残したり、VIO脱毛で全てのムダ毛を無くすことも可能なので、施術内容は両者にそれほど大きな違いはありません。


ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット


ハイジニーナ脱毛の施術を検討した時に、知っておきたいのがメリット・デメリットだと

思います。 以下にハイジニーナ脱毛のメリット・デメリットを紹介します。


メリット

・自己処理による肌トラブルの回避

ハイジニーナ脱毛をすると自己処理をする必要がなくなるので肌トラブルを

回避することができます。 デリケートゾーンの肌は薄く、刺激に対して敏感です。 また、目視しにくい部位なのでムダ毛処理中に肌を傷付けてしまう可能性があります。 自己処理による刺激は、色素沈着による黒ずみを起こしたり、炎症や埋没毛の原因にも

なります。


・デリケートゾーンを清潔に保てる

アンダーヘアは他の部位に比べると毛の量が多く、太く濃いのが特徴です。 そのためデリケートゾーンは蒸れやすく、かゆみが出たり嫌な臭いなど、

不快感の原因になります。 ハイジニーナ脱毛をすると通気性がよくなるため、蒸れにくく衛生的です。 また、アンダーヘアがあると生理の経血や排泄物が毛に付くことがなく

清潔な状態を保つことが可能となります。 ・ムダ毛を気にしなくてよくなる

ハイジニーナにすると、下着や水着から毛がはみ出す心配をしなくて済むので、ファッションの選択肢が広がると言えるでしょう。 Tバックなど露出の多い下着や水着も気軽に着用できるようになります。


デメリット

・施術回数がかかりやすい

VIOは毛が濃く、多いため脱毛完了までに回数がかかりがちです。特に脱毛サロンのエステ脱毛では20回以上行ってもまだ残ることも。少ない回数で永久的な効果を得るためには医療脱毛がおすすめです。


・元の状態に戻すことができない

医療レーザー脱毛をすると、毛根を破壊してしまうため、脱毛前の状態に

戻すことは出来ません。 ハイジニーナにするか迷いがある場合、事前にカウンセラーに相談してみましょう。当院では、Vラインを少し残してデザインするなど、さまざまなご要望にお応えできます。

また、数回照射して全体を薄くした上で好みの形に整えることも可能ですので

ぜひご相談ください。


・施術中の痛みを感じやすい

デリケートゾーンは皮膚が薄いので刺激に対して弱く、痛みを感じやすい部位になります。 また、アンダーヘアは毛が太くて濃いのでレーザーが反応しやすく施術中に痛みを感じる方が多いです。 当院では最新の医療レーザーマシンを用いているので痛みは最小限です。今まで医療脱毛を痛みの面で避けていた人にこそおすすめです。


・恥ずかしさがある

ハイジニーナ脱毛の施術中はデリケートゾーンを施術者に見せなくてはいけません。 日常生活で人に見られる部位ではないので、恥ずかしさ・抵抗感を感じる方が多いと

思います。 そのため、当院では恥ずかしさが和らぐように取り組みをしています。

たとえば、施術する部位以外は見えないようにタオルなどで隠す工夫をしたり、施術を短時間で終わらせるようにしています。

まとめ


今回、ハイジニーナ脱毛とはどのような脱毛法なのか、ハイジーナ脱毛のメリット・デメリットについて紹介しました。 ハイジニーナ脱毛をした方に感想を聞くと、もっと早くすればよかったと言う方が多い

です。デリケートゾーンのストレスから解放されるハイジニーナは非常におすすめです!