• 銀座院スタッフ

ニキビ肌でも医療脱毛はできる?


医療脱毛に興味はあるけれど、 「ニキビが気になり脱毛を諦めている」「ニキビ跡で施術を断られるかも」 このような悩みをお持ちではありませんか?

脱毛は、レーザーや光を使うのでニキビ・ニキビ跡があると、なおさら肌への影響が 気になると思います。

そこで今回は「ニキビ肌でも医療脱毛はできるのか?」解説していきます。



ニキビ肌でも医療脱毛はできるのか?


ニキビ肌だけど医療脱毛ができるのか?気になる方は多いと思います。

先に結論から言うと、基本的に問題なくできます。


以下に、ニキビの状態別にみる一般的な対応について紹介します。


・初期ニキビ・白ニキビ・治りかけのニキビ

ニキビがある状態でも脱毛することは可能です。

脱毛マシンは、毛の黒い色素(メラニン)に反応するので、ニキビのように色が濃くない

ものには、反応しないからです。

しかし、医療用脱毛マシンはパワーが大きく肌への負担が掛かるので、ニキビがある箇所を避けて施術を行うことがあります。

場合によって、初期ニキビ・白ニキビ・治りかけのニキビのように炎症がない状態で

あれば、ニキビ箇所も施術が可能なケースもあるので、一度クリニックに相談することを

オススメします。


・化膿しているニキビ・大きなニキビ・潰れて傷付いているニキビ

化膿しているニキビ・大きなニキビ・潰れて傷付いているニキビなど炎症が強いニキビが

ある場合の施術は、ニキビがある部分を避けて施術します。

また、強い炎症のあるニキビが広範囲にある場合は、クリニックによっては、脱毛による

刺激での悪化を防ぐため、施術の部位全体を避けることもあります。


・ニキビ跡

ニキビ跡は炎症や化膿を起こしている状態ではないので施術可能です。

また、ニキビ跡による色素沈着は色が濃くないケースが多いので、状態により脱毛マシンのパワーを弱めるなどの対処を行えば、ニキビ跡に反応する可能性は低いでしょう。

レーザー脱毛マシンの中には、ニキビ跡の改善が期待できる機器もあるので、肌の凹凸が

良くなる可能性があります。

当院で使用しているレーザーも、シミ・そばかす・ニキビ治療にも使用されているので

美肌効果が期待できます。



脱毛の効果でニキビができにくくなる?


個人差はありますが、脱毛はニキビ予防に繋がります。

なぜ脱毛をするとニキビ予防に繋がるのか解説していきます。


・雑菌が繁殖しにくくなる

毛が生えていると、皮脂・汚れが毛に絡み付き、毛穴の周りにたまりやすくなります。

また、毛が生えている分は、毛穴も広がっています。

皮脂や汚れがあると、雑菌が繁殖しやすい環境になるので、ニキビ・肌あれなどの

肌トラブルが起きやすくなるのです。

脱毛を行うと、毛が生えてこなくなり、毛穴が引き締まり肌を清潔な状態に保つことが

できるので、ニキビ・肌荒れの改善が期待できます。


・自己処理による肌トラブルを回避できる

カミソリ・毛抜きなどを使用した自己処理は、肌に大きな負担がかかります。

自己処理を繰り返し行うと、肌のバリア機能が低下するので、ニキビ・乾燥などの

肌トラブルの可能性が高まるでしょう。

また、すでにあるニキビを傷付けて悪化させる原因にもなります。

脱毛すると自己処理の回数を減らすことができるので、肌トラブルを回避することが

期待できるのです。



まとめ


今回は、ニキビ肌に医療脱毛はできるのか?について解説しました。

ニキビ肌への施術は、ニキビの状態によりクリニックで判断が異なります。

当院では、施術の可否について常駐の医師が判断いたします。また、ニキビや

ニキビ痕治療で効果の高いダーマペン/ベルベットスキンの治療も取り扱っておりますので、そちらもおすすめとなります。

ニキビ・肌荒れで施術が可能か気になる方はカウンセリングや診察の際に

一度ご相談ください。