• 銀座院スタッフ

ダーマペンのダウンタイム


ダーマペンの施術を受ける際、

「ダウンタイムはどれくらいなのか?」「どのような症状が出るのか?」

などの疑問はありませんか?

初めての施術の場合、特に不安に感じるでしょう。

このような場合、ダーマペンの施術を受ける前にダウンタイムについて理解していれば、

適切に対処することが出来るでしょう。

そこで、今回はダーマペンのダウンタイムについて紹介していきます。


ダーマペンによるダウンタイムの期間


ダーマペンのダウンタイムは、施術時の針の深さで異なりますが、浅い場合で2日程度、

深い場合で4日ほどが一般的です。

針が同じ深さでも、ダウンタイムには個人差があり、体調など肌の状態によっても

変わってきます。

ダーマペンの施術後は大切な予定は入れないようにしましょう。


ダーマペンのダウンタイムに起こる症状


ダーマペンは針を刺して施術を行いますが、ダウンタイムに起こる症状は軽い場合が多く、傷が残ったりすることはほとんどないでしょう。

以下に、ダーマペンのダウンタイム中の症状について紹介していきます。


赤み・内出血

ダーマペンの施術後に起きる症状として特に多いのが赤みです。

針を刺す深さが深いほど、赤み・内出血が起きる可能性が高くなります。

針を深くまで刺した場合の赤みは3日〜4日ほど、内出血が起きた場合は1週間程度は症状

があるでしょう。

ダーマペンは、肌に穴を開けることで、傷付いた肌を修復しようとする自然治癒力を

引き出す治療法です。

そのため、施術をすると肌が傷付いた状態と同じになるので、赤みや内出血が現れます。


腫れ・発疹

ダーマペンの施術後に腫れ・発疹が起きる場合があります。

針を刺す深さが深いほど、肌の奥までダーマペンが作用するので腫れ・発疹が起こる

可能性が高くなります。

また、腫れによる痛みがある場合は、保冷剤などで冷やすと症状が落ち着くでしょう。


かゆみ

施術後、傷を治そうとする創傷治癒の経過で、かゆみを伴うケースがあります。

かゆみも施術後、3日〜4日ほどで治まる場合が多いでしょう。

かゆみが出た場合、患部をかいて刺激しないように心掛け、保冷剤で冷やしたり、

保湿をこまめに行うと症状が和らぎます。


皮むけ

ダーマペンの施術後、肌のターンオーバーが促進されることから、皮がむけることが

あります。

これは、肌が新しく生まれ変わる過程なので数日で治ることが一般的です。

症状が出ている間は、無理に皮をめくったり、肌をこすって刺激を与えたりしないように

心掛けましょう。


まとめ


今回、ダーマペンのダウンタイムについて紹介しました。

ダーマペンのダウンタイムは、長くても3日〜4日ほどで治まることが一般的です。

ダウンタイム中は、肌が敏感になっているので摩擦などの刺激を与えないように

しましょう。

当院のダーマペンは新しい機種である「ダーマペン4」を用いて施術を行います。

髪の毛より細い極細の針を使用しているので、施術中の痛み・ダウンタイムも少ないことが特徴です。

ダーマペンの施術が気になる方は、無料カウンセリングを行なっておりますのでお気軽に

ご相談ください。