• 銀座院スタッフ

カミソリ負けの原因と対処法


ムダ毛処理を行う際、安価で入手しやすいカミソリを使用するのが最もポピュラーな方法でしょう。

カミソリでムダ毛処理を行った後に

「肌が赤くかゆい」「剃った部分がヒリヒリする」「肌に赤いブツブツが出来てしまった」

など肌トラブルを起こした経験はありませんか?

このような症状が出た場合、カミソリ負けを起こしている可能性が高いと言えるでしょう。

本記事では、カミソリ負けの原因と対処法について紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。


カミソリ負けの原因

カミソリ負けの原因として考えられる理由は大きく分けて3つあります。

・切れ味の悪いカミソリを使用している ・ムダ毛処理後のスキンケアが不十分 ・免疫力の低下・ホルモンバランスが乱れている 以下に詳しく解説していきます。


・切れ味の悪いカミソリを使用している カミソリでムダ毛処理を行うと、肌の角質も落ちてしまいます。 切れ味の悪いカミソリの使用や、1度に同じ部分を何度も往復するやり方は、

過剰に肌の表面の角質を落としてしまい肌が敏感な状態になるので、

カミソリ負けの原因となってしまうのです。 肌に小さな傷ができてしまうと、出血したり、ヒリヒリと痛むなど、

肌トラブルの原因になります。 ムダ毛処理をする際は、切れ味の良いカミソリを使用しましょう。

また、よりお肌に優しい電動シェーバーもおすすめです。


・ムダ毛処理後のスキンケアが不十分 カミソリでムダ毛処理を行うと、切れ味の良いカミソリを使用しても、少なからず皮膚の角質は落ちてしまいます。 ムダ毛処理後の肌は、敏感で少しの刺激にも過敏に反応する状態です。 そのため、肌に充分なスキンケアを行わないと、肌が乾燥し炎症の原因になったり、敏感な状態が長引いてしまいます。


・免疫力の低下・ホルモンバランスが乱れている カミソリ負けは、肌が弱くて敏感な方にだけ起こるイメージがありますが、誰にでも起こる症状です。 特に、免疫力が低下している時や、ホルモンバランスが乱れている場合、肌のバリア機能が低下して敏感な状態になっています。 このような状態の時に、カミソリによる刺激が加わると肌が過敏に反応して炎症を起こす場合があるので、肌が強いと思っている方でも注意が必要です。



カミソリ負けの対処法


カミソリ負けを起こした場合、早く不快な症状から解放されたいと思うことでしょう。どのように対処したらいいのか?カミソリ負けを起こした際の対処法を紹介します。


・冷やす カミソリ負けを起こしている部分が熱っぽかったり、かゆみがある場合、

冷やすのが効果的です。 肌が炎症を持っている状態なので、冷やすことで症状が緩和します。 水で濡らしたタオルを当てて冷やしたり、保冷剤を当てるのもおすすめの方法です。 また、肌が炎症を起こしている状態なので湯船に浸かったり、激しい運動など体温の上がる行動は控えましょう。

・保湿をする カミソリでムダ毛処理をした肌は、乾燥しやすく敏感な状態です。 ケアをしないで、そのまま過ごすと肌トラブルの原因になる可能性があります。 そのため、カミソリでムダ毛の処理をした後は、必ず保湿クリームやローションを使って肌を保湿するようにしましょう。 また、普段から保湿を習慣付けておくと肌に潤いが生まれ、ムダ毛処理の際に肌の角質が落ちにくくなりカミソリ負けしにくい環境にすることが可能です。


・塗り薬を使用する 上記の対処法を行っても症状の改善がない場合、市販薬や処方薬を使用して

様子を見ましょう。 症状が悪化すると治るのに時間がかかってしまうので「すぐに治るだろう」と過信せず早めに対処することが必要です。



まとめ

本記事では、カミソリ負けの原因と対処法について紹介しました。 カミソリ負けは、正しいムダ毛処理を心掛けて行うことで回避することが期待できます。 ただし、カミソリ負けをしないように気をつけていても、長年自己処理を続けていると色素沈着等の肌トラブルを起こします。 医療脱毛をすることで、皮膚を傷つける自己処理を不要にすることもおすすめです。